FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

萩原橋上流ワンド魚類等調査と工事説明会

9月22日(土) 13:00~17:00
萩原橋上流ワンド魚類等調査と工事説明会

浅川流域市民フォーラムでは、浅川の護岸工事が進む中、10年前から浅川最後のワンド(萩原橋上流右岸)の保全について、将来ワンド部分の護岸工事が始まる事を想定し、活動してきました。
毎年の生物調査では、魚類研究者の君塚さんにお願いし更に、水質調査、植物調査などもそれぞれの専門家を交え調査活動を実施してきました。かってはホトケドジョウが数百匹、オイカワ、フナ、アブラハヤ、シマドジョウ、カマツカ等が多数確認され浅川で1番、最後のワンドといえます。
しかし残念ながら一昨年の夏、付近の護岸工事が進んできた影響と思われる、台風時に浅川本流の流れが変化し、ワンド部分が水衝部となり、悲しいかな消滅してしまいました。

堤内地からの湧水で数十年前に出来、ホトケドジョウなど多数の魚類が生息していたワンド(一昨年の台風の影響で消滅)
下流ワンド

10年前からの調査活動と共に、京浜河川事務所にはワンドの保全について要望すると共に調査日には、立ち会いを要望してきましたが、最近では合同で調査をするまでになりました。
しかしながら、護岸工事では堤防の護岸工事に加え、更にワンド部分あたり数10㍍低水護岸を施工するため、湧水からのワンドの復元が難しくなってきました。
そこで、4~5年前からワンドの上流、下流の護岸工事時には、低水護岸の下に集水管を設置し、堤内地からの湧水を集めることを提案し、施工しています。右上図のように低水護岸をカットし集水管で導いた湧水を集め、水たまりを造り本流に流す計画です。
最悪の条件の中の結果ですが、護岸工事で堤内地の湧水が地下に潜ってしまうのではなく、流水が減少し続ける浅川の表流水として少しは役立つのかな・・・と思っています。
図面

京浜河川事務所、八王子市、魚類調査員、私たち浅川流域市民フォーラムで始まりのミーティングです。
ミーティング

水生生物調査が始まりました。玉網を持っての魚取りはつい夢中になってしまいます。
魚とり

魚とり2

1時間ほど水生生物の捕獲作業が終わり、君塚氏を中心に計測が始まります。ホトケドジョウ5匹その他各種の魚やトンボのヤゴ、水生昆虫などが捕獲されました。調査結果は後日、調査票が届きます。
計測

午後3;30から近くの市の会議室に移り、京浜河川事務所と請負業者による11月から始まるかってのワンド部分の護岸工事についての説明会が始まりました。
議論の結果 
〇工事着手前にホトケドジョウの救出作戦を合同で実施  〇湧水対策として遮水シートを設置 〇床固めを設計より出来るだけ深くする 〇土盛り部分は出来るだけ高く 〇工事中湧水カ所を視察
会議
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント