FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

真堂が谷戸ホタルの会活動日

1月26日(土)9:30~
真堂が谷戸ホタルの会活動日

第4土曜日は百草園前緑地の活動で、今年は初めてになります。
朝のミーティングは安全管理などで大切です。
ミーティング

刈った草や梅の剪定枝の整理作業がはじまりました。
ヤブ整理

あおきの常緑樹がはびこりキツリフネソウ等の野草に覆ってしまうので、殆どのアオキを伐採しました。
常緑

百草緑地は、夏みかん、ゆず、キンカンなどの果樹類が植栽されていますが、毎年沢山の果樹をつけてくれるように剪定作業も怠りません。
剪定みかん

まだ沢山の夏みかんが残っていました。甘夏と普通の夏みかんがあり、ママレードなどにしている人もいます。将来の活用も今考え中です。
みかん

スポンサーサイト

南丘雑木林を愛する会活動日 

1月24日(木9:30~15:00
南丘雑木林を愛する会活動日

今日の活動は、炭焼き小屋の後ろの山にそびえる大木を伐採と行きたいところですが、プロの植木屋が以前小屋の屋根を壊したことがあるので、大木の前にある30年ものの高木を伐採することになりました。
下から伐採木の重心などを皆で話し合いました。
下から

今年買った1本ばしごを使ってベテランのEさんが木に昇りロープをかけ枝をチエンソー出払いました。
はしご

チエンソーで根元を伐採が始まり、決めた方向に倒れるように架けたロープを皆で引っ張ります。見事狙いどおり山側に倒木しました。
引きロープ

樫類やヒサカキなどの常緑は、場所に寄りますが日陰になるので、伐採します。皆で粗朶の処理作業にかかります。.
常緑


浅川流域連絡会全体会

1月22日(火)18:30~南西建
第6期浅川流域連絡会第3回全体会

1・第6期浅川流域連絡会活動報告書(案)について
2・第6期浅川流域連絡会 各分科会活動報告
3・各委員からの情報提供など
 1)平成30年度浅川における河川整備について(南西建)
 2)第8回浅川写真コンクールカレンダー(八王子市、日野市)
 3)程久保川浚渫について
 4)浅川・湯殿川クリーンデーについて(諏訪)

 5)浅川の遊歩道について(笹木)
浅川の遊歩道については、平成17年に八王子市から浅川の堤外地に設置の説明がありましたが、浅川流域市民フォーラムでは次のことを要望しその後守られてきました。
1・堤防が遊歩道になっている所は、堤外地に遊歩道は作らない
2・堤防上が歩車道になっている所は、堤外地に遊歩道(ダスト舗装)はやむを得ない。
3・将来的には、堤防上は車をシャットアウトし遊歩道に戻し、堤外地の遊歩道は撤去する。

しかし今回、日野市の遊歩道設置工事では、堤防が遊歩道になっているにもかかわらず、堤外地に遊歩道をつくる工事計画であり、河川環境や、洪水時にすぐ流されることなどの理由で、変更を求めましたが、実施しています。
今後、このようなことがないように浅川流域連絡会(京浜河川事務所、八王子市、日野市も参加)に上記の3っの確認事項を遵守するように申し入れました。
浅川のような川幅が狭く、大雨時などに洪水が起こりやすい河川に又、生物多様性を考え出来るだけ堤外地には、遊歩道など作らない方が良いことは当然の事です。
★かって、”水辺に生態系を”を掲げ生物多様性など、いち早く取り組んできた日野市緑と清流課に大変、落胆しています。

水の郷日野ビジョン450

1月22日(火)13:30~日野市3階会議室
「水の郷日野ビジョン450の活動が始まる」

日野市まちづくり部区画整理課に要望書を提出
13:30 区画整理課に要望書を提出し趣旨説明
 水の郷日野ビジョン450の「共同宣言」実現のため、日野市まちづくり部区画整理課に要望書を提出しその趣旨説明を行った。
要望事項
田んぼの復元・保全を要望した公園
1・かって、一帯に田んぼの風景が見られた豊田土地区画整理事業地区内の豊田1号公園内
2・田んぼがまだ残っている西平山土地区画整理事業地区内の計画公園内
★3月初め迄に回答をお願いした。

午後2:30から、公園や緑地内等に田んぼが出来る可能性のある場所を会で視察した。
 仲田蚕糸公園→神明第6緑地→万願寺中央公園→大木島自然公園→豊田1号公園→南平開発地→西平山公園

神明第6緑地
緑地として公有化されているが、昔は田んぼだったようで、すぐにも田んぼに出来そうな場所です。
現在は、谷仲山緑地を守る会によって管理されている場所です。 
谷中山

南平開発地
宅地開発で事業者から移管される土地で、以前田んぼだったところです。市で田んぼ復元の工事を春先に施工する予定で、うまくいけば今春から田植えが出来そうだ。素晴らしー!!
田んぼ南平

西平山土地区画整理事業地区内の公演計画地内に現存する田んぼで、公園としてそのまま保全できる用要望した場所だ
田んぼ西平山

いよいよ「水の郷ビジョン450」の活動が始まりました。前途多難な多くの問題を少しでも解決し、次の世代に引き継げるよう皆でガンバロー

どんど焼き大会

1月20日(日)10:00~
どんど焼き大会

開会式が始まりました。
実行委員会の各代表(水辺の楽校、PTA ,消防団)にも挨拶をお願いしました。
私からは、恒例の”どんど焼きの言われ”について、昔は子供達が小正月にお菓子などをもらい藁の小屋に集まり食べたこと。書き初めを燃やすと字が上手になり、お団子を食べるとむしばにならない。火に当たると風邪を引かなくなり、頭が良くなるなど、昔の言い伝えをお話しさせていただきました。
<開会

大勢の子供達が自分で書いた書き初めをやぐらに掲げます。
a href="http://eisvogel31131.blog.fc2.com/img/20190123110246f04.jpg/" target="_blank">かきぞめ

初代のどんど焼きの責任者である地元の土方正作さんに火入れ式をお願いいたしました。
火入れ

ようやくどんど焼きのやぐらに火が入り瞬く間に燃え上がりました。
火が入る

子供達は待ちきれず、お団子配布所に並びます。
並びお団子

炎が立ち上がっている間は、焼くことが出来ません。お団子の根元の笹が燃えてしまいお団子が火の中に落ちてしまうからです。
火がものすごく熱いので消防の服を着た消防団で火をかき回してもらいます。
の垣回し火

ようやくOKの合図と共に一斉にお団子をつけた笹が魚取りの竿のように放たれます。
焼きお団子

最後は消防団が放水して火の安全を確かめ終了しました。
今年も大勢の人たちの参加により盛大に開催することが出来ました。
実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。
消防

圭5時間5分の熱戦制す!!

1月21日(月)
圭5時間5分の熱戦制す!!

5時間もの長時間テレビに釘づけでした。絶体絶命のタイブレーク5-8~奇跡の逆転です。

男子シングルス4回戦で、第8シードの錦織圭は第23シードのP・カレノブスタ(スペイン)を6―7、4―6、7―6、6―4、7―6で下し、3年ぶりの準々決勝進出を決めました。4大大会でのベスト8入りは、自身通算10度目となりました。
.
 錦織は第1セットをタイブレイクの末に落とすと、第2セットもミスが響いて4―6で落とし、後がない展開。そこからが屈指のストローカーの真骨頂でした。第3セット、第4セットを連取して挽回。最終セットは第3ゲームで先にブレイクに成功。タイブレイクで劇的な勝利。
 試合後、錦織は「素直にうれしい。タフな試合を勝てて良かった。2セットダウンして、彼も良かったので戦術を変えました。(最終セット)5ー8の時はヤバイと思いましたが、それでも最後集中できた。とりあえずリカバリーに努めたい」と語っていました。
世界トップクラスのバックハンドでエース
圭

カレノブスタと抱き合い健闘をたたえる圭
抱き合うテニス

次は世界1位の最強 ジョコビッチ がんばれ 圭!!

どんど焼き前日準備

1月19日(土)8:30~14:30
どんど焼き前日準備

どんど焼きは、笹苅、お団子作り、やぐらづくり等大勢の人が必要です。今回も実行委員会のメンバーである潤徳小5年生行事委員会の全面的な支援を経て、前日準備が始まりました。
潤徳小の裏広場でスタート前の挨拶です。
挨拶

女性軍の仕事は、500本のササ洗いから始まり、笹串1本に2個お団子を刺すので、上新粉を練って、セイロで蒸して1、000個のお団子を作ります。
笹洗い

河原では父兄の皆さんとやぐらづくりです。真ん中の柱は6㍍廻りの12本の支柱は5㍍、主柱野崎には3めとるほどの葉のついたささを建てます。
立ち上がりやぐら

皆で一斉に12本の支柱をそれぞれ持ち上げ、立ち上げます。そして、支柱に割った竹を回して骨組み作りに入ります。ここまで来ると一安心です。
123立ち上がりやぐら
今年も見事などんど焼きのやぐらが完成しました。お手伝いいただいたPTAの皆さんもできばえに満足感一杯のようでした。
やぐら完成

萩原橋上流立ち会い

1月16日(火)
萩原橋上流護岸工事立ち会い

萩原橋上流右岸の護岸工事もだいぶ進んできました。
上流の護岸が出来たこと等の理由により、河川の流れが変わりかってのワンド部分が水衝部となり、私たちが長年保全してきたた浅川で1番のワンドワンドの復元は、不可能となってしまいました。
しかし堤内地からの湧水は地下に埋没させずに、何としても浅川の表面水になるよう、通水性のある護岸や透水管を入れる事を京浜河川事務所と長い間要望し実現してきました。
工事真っ最中の浅川の現場です。
工事全景

堤内地からの湧水を工事の師匠となるため、一時仮設水路を掘って流しています。
湧水

苦肉の策として、私たちが要望して堤内地からの湧水を導くために入れた2本の透水性導水管が採石の中に見えます。
とうすいかん

毎回、調布から魚類研究者のKさんも必ず来てくれています。議論の結果は、埋め戻しをした後、湧水が透水管に戻ってくるかが重要な事であり、出来ることはやったので、時間をかけて観測していくしかないとの、話し合いの結論でした。
話し合い業者

どんど焼きの準備

1月15日(火)9:00~12:30 潤徳小裏庭
どんど焼きの準備

12日にどんど焼きのお団子を刺すササの仕上げが423本終了していたので、今日は残りの80本のササを仕上げました。写真の左に積んであるのが出来上がった500本のお団子を刺すササの山です。

今日の作業の主は、真竹割りです。竹割の道具を使い真竹の頭に打ち込みます。途中から道具の手を持ち、壁などにたたきつけます。6本に竹が割れます。この割れた竹は、どんど焼きの柱の横の骨組みに使うものです。

竹割

南丘雑木林を愛する会活動日  

1月13日(日)9:30~15:00
南丘雑木林を愛する会活動日  

新年第1回目の活動日です。
H会長の新年の挨拶がありました。今年は話は短くするそうですが・・?
とにかく常連のメンバーは皆元気に集合しホットしました。(殆どの会員は高齢者なので・・・・)
挨拶

今日はH会長からロープワークの実習をしようと言うことで、基本のもやい結びを皆で柱にロープを回しての実習です。
Hさんが、何通りかのロープの結び方を手書きで書いてきてくれましたので、それを見ながら一生懸命にロープと格闘です。
もやい