FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

湯飲みの作品

12月30日(日)
今年最後の作品

いよいよ今年も明日で終わり、年を取ると1年が早いと言われていますが、まさに実感しています。
今年は、目標に掲げた80代に向って体力をつけるため、週3回のテニスで楽しみながら体を鍛えることが出来ました。その他月6回の雑木林での活動や水辺の楽校なども体力作りにもってこいです。くたくたになり家に帰って風呂でゆっくり湯船に沈んだとき、最後に近くなった人生の充実した「満足感」に浸り、幸せをしみじみ感じます。来年も、更に新しいことにも挑戦しながら頑張りたいと思っています。
今年最後の作品が焼き上がりました。

クロ

中白中

小白






スポンサーサイト

歳末特別警戒パトロール

12月28日~29日
町会歳末特別警戒パトロール

毎年年の瀬に2日間、私の所属している町会の防犯部、婦人会、子供会などの参加で、歳末パトロールを実施しています。
スローガンは「我が街をみんなで守ろう年の暮れ」

まず町会長の挨拶です。
寒さに負けず頑張りましょう!!
子供達も参加するので、近くの4小の副校長先生も毎年参加し挨拶をいただきます。
参加して初めて進歩するのです。参加しない子は、どんな状況かわからないので、何でも体験することが大事です。

挨拶

2班に分かれ、毎月1回パトロールをしているコースを巡回します。
錫杖という鉄の杖で先頭の人が2回地面にたたきます。次に拍子木で2回たたき皆で「戸締まり用心、火の用心!!と叫びます。50分ぐらい町内を練り歩きます。
出発

2日間19;20から21:00過ぎまで各2回巡回しています。暮れの寒くて忙しい時期、本当に嫌々ですが、修行の覚悟で毎年参加しています。

餅つき

12月23日(日) 7:00~15:00
恒例の年末餅つき

今日は、恒例のT家の餅つき大会です。
田んぼの援農を職場の仲間と初めて25年も経ちました。
年末には地主さんの家で餅つき大会が行われ、1年の稲作りが終わります。

朝7:00前に2台の釜戸に火を入れ、餅米の蒸し作業が始まります。釜のお湯が沸騰し25分ほど経つとセイロに入った餅米が蒸し上がります。私は最年長なので、毎年楽な仕事の釜戸の火番を主に担当しています。
窯

セイロの餅米が蒸し上がると、餅つき器に投入します。なんせ30臼以上の餅つきなので、労力を省くため餅つき器にかけてから杵でつきます。
餅つき機

餅つきの中心はなんと言っても体力抜群の〇さんの1人舞台です。とは言っても1臼20回ぐらい杵でつくので、皆が交代で楽しくつきあっています。
餅つき

つき上がったお餅は、T君が1人でのします。結構腰が疲れて大変な作業です。
のし

なんと言っても餅つきの楽しみは、つき上がった餅を熱いうちに大根すりやきなこ等をかけたからみ餅を食べることです。本当においしく、稲作りのご褒美ですね。
だいこもち

餅つき大会

12月20日(木)8:30から12:30
浅川潤徳水辺の楽校

餅つき大会

今日は5年生の稲作りの最後の楽しい「餅つき大会」です。
水辺の楽校と、PTA 、学校運営協議会との共催で、5年生の授業として開催しました。
4クラスが1時限づつ全員が杵を持って、自分たちが稲作りの授業で取れた餅米を使っての餅つきです。

7時30分に集合して、先ずは釜戸の火起こしから始まりました。
火

なんと言ってもPTAのお母さん達が20名以上来てくれるので本当に助かります。実行委員長から朝の挨拶です。
PTA

蒸し上がった餅米を、最初は杵でつぶします。それから子供達が一人づつ杵を持って餅つきを体験します。PTA会長から子供達に餅つきの注意事項の説明です。
カイチョウ

お手伝いに来ていたお母さんと親子で楽しい餅つきが始まりました。
親子

赤っぽいジャンバー姿が国会議員、クロっぽいのが市会議員、何故か毎年来て餅つきをしていきます。
議員

お餅がつけて、お母さん達がつきたてのお餅にのり、大根すり、きなこ等でまぶしてくれました。皆で戴きまーす!!!
食べる

4クラスの餅つきが無事終わり、私たちもからみ餅などをいただき片付けが終わったのは午後1時になってしまいました。
子供達がおいしそうにお餅を食べる姿を見て、今年も応援して良かったなーとそれぞれ思いながら1年間の稲作りが終了いたしました。

谷仲山緑地を守る会活動日

12月16日(日)9:30~15:00
谷仲山緑地を守る会活動日

今日は北風が吹き、今年1番の寒い日に感じましたが、今年最後の活動日なので、皆元気に雑木林の中に入って行きました。

第6緑地で、少しですがカタクリが咲いている場所がありますが、付近に高木がなく日が当たりすぎのため、「緑の羽根」の助成金を戴き購入した雑木が到着したので、皆で植栽作業に取りかかりました。クヌギ1本、コナラ2本です。近い将来、カタクリが咲く頃、日陰を造ってくれると思います。
植栽

午後からは、エゴノキなどから芽を出し伸びている、ひこばえを剪定しました。
剪定

谷仲山の活動は、植生や粗朶柵工等の知識を持った積極的な女性が多く参加している事もあり、毎回充実した作業が楽しく出来ているように感じます。
会員の皆様、1年間本当にご苦労様でした。来年も元気で楽しい活動にしましょうね。!!!

どんど焼きの笹苅り

12月9日(日)9:00~12:30 浅川多摩川合流点河原
浅川潤徳水辺の楽校
どんど焼きの笹苅り

毎年ササを刈っているので、必要な約4.5㍍のササが浅川の河原では、少なくなってしまいました。竹藪の奥に入って、長いのを選んでノコギリで切りますので、時間がかかってしまいます。
刈

河原の奥の方から伐採したササを広場に運んできます。
運搬

今日は、潤徳小PTA (学校行事委員会)の皆さんゃ子供達約50人も参加してくれました。あらかじめ調達してきたノコギリや剪定ばさみ、鉈などを使って、切り出したササの枝を取ったり皮をはいだり仕上げにかかります。
皆

今日は12名もの子供達も参加してくれ、一生懸命なれない手つきで剪定ばさみを使って作業をしてくれました。
子供

12時を過ぎる頃ようやく目標の500本のササがトラックに積み込むことが出来ました。
今日の作業は、大勢の人の力を借りないと出来ない作業です。PTAの皆さん本当にありがとうございました。
トラック

多摩川子供シンポジウム

12月8日(土)14:00~17:00
水辺の楽校
第11回多摩川子供シンポジウム

浅川潤徳水辺の楽校では、多摩川子供シンポジウムの第1回から参加していますが、早い物でもう10年経ったようです。その前は、狛江の水辺の楽校発表会に3回ほど参加しているので、足かけ13年にもなったようで驚いています。

本シンポジウムの司会は、今年も5年連続で潤徳小のOBからAさん(中2)、Oさん(中1)が担当し、元気にはきはきと進行役を務めてくれました。(写真左側の2人)
しかい

休憩の後の後半、いよいよ潤徳小の発表です。今年は3~4年生の8名の子供達です。「大好き浅川」と題して1年間の水辺の楽校の活動の発表が始まりました。
発表

第2部の交流会では、閉会の挨拶を担当しました。
私v

今年も多摩川流域の水辺の楽校などのげんきな子供達の発表会が楽しく終了しました。来年も多摩川浅川で元気に遊んで、学んで又ここで会いましょう!!
集合

真竹切り

12月5日(水)9:00~
どんど焼き準備の 真竹切り

どんど焼きの準備作業の第1番目の真竹切りです。
どんど焼きのやぐらをつくるには、柱となる5㍍の真竹10本と骨組み等10本合計20本必要なのです。
毎年市の職員の応援をもとに、東光寺緑地に群生する真竹を伐採しています。急斜面に生えている真竹を切り倒し、枝葉を切り落とし切り出します。結構大変な作業です。
竹伐り

竹揃え

20本の真竹がようやくそろいましたので、市のダンプカーで潤徳小まで運びます。後日長さを揃えた榮、竹を8分の1ぐらいにたて庭って、骨組みの材をつくります。
トラック

水辺の学校発表会

12月4日(火)8:30から潤徳小体育館

水辺の学校発表会

授業開始前、体育館に全校生徒が集合します。
今日は、水辺の楽校で学んだ1年間の様子を、子供達の代表が皆の前で発表しました。
最初に校長先生から私たち水辺の楽校ボランティアスタッフが紹介され、労をねぎらう言葉を戴き、続いて私が代表して子供達に一言

1年間水辺の楽校に参加してくれてありがとー、来年も一緒に浅川で楽しく遊びながら学習しましょう!!
みんな

パワーポイントで子供達がそれぞれの活動の楽しかったことなど発表しました。
発表1

浅川源流探検について、ライフジャケットを着て楽しかったことを寸劇で披露しました。
発表2


第25回日本ホタルの会シンポジウム

12月2日(日)14:00~16:30 多摩平交流センター
第25回日本ホタルの会シンポジウム
~ホタルを通じて身近な自然環境を考える~

ほnシンポジウムは、今回は日野市でも作成された生物多様性「ひの生きものプラン】や市民レベルの活動の連帯について、各地域で活動している市民団体の活動報告を交え皆で考えてみたいとのことでした。

シンポジウムの趣旨説明として、日本ほたるの会副会長鈴木氏が「ゲンジホタルの遺伝的多様性・固有性と人為的攪乱の状況】について、北海道を除き日本を6グループに分けゲンジホタルの遺伝子の攪乱状況などの話があった。
すずき

日野市の生物多様性の取組みについて小倉氏からの講演
ogura.jpg

私から真堂が谷戸蛍の会の取組みについて発表しました。10年前からホタルだけではなく生物多様性を掲げ取り組んできたことが、私たちの誇りです。ホタルやカワニナを放流したり、餌をやったりする事は反対を通し、生息環境の整備・保全いわば、自然へのお手伝いを中心に活動してきたことが高く評価されているようです。
私