FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

潤徳小4年生ガサガサ

8月30日(木)13:30~ 浅川ふれあい橋下
潤徳小4年生全員でガサガサ

今日はドングリクラブが潤徳小4年生の課外授業で浅川でガサガサと聞き、水辺の楽校の行事に人が少ないとき、応援をお願いしているドングリクラブなので、お手伝いに行きました。
ふれあい橋の下で、ドングリクラブのSさんからの魚取りのこつや、安全注意、自然環境等のお話から始まりました。
杉浦氏

早速玉網を持って川の中にわいわいがやがやと入っていきました。
魚とり

私たちの子供の頃は、夏は毎日玉網を持って浅川に魚取りに行ったものですが、いつしか川は汚染され子供達を遠ざけてしまいました。近年下水道の普及などにより、既に川の水質は昔のように綺麗になっていますが、危険だというレッテルが貼ら続け未だに各小学校では、子供だけで川に行ってはいけません。と言うことになっています。
したがって、玉網の使い方1っ知りませんので、下流に網を張り、上流から足でかき回して魚を捕るんだ!!と実演して見せました。
すぐにあ!!魚が取れた!!と子供達の歓声があちこちでわき上がりました。
追い込み

最近の浅川で玉網で捕れる魚は、ほとんどがヨシノボリです。昔はフナやウグイ、オイカワ、ドジョウ等が良く取れた物ですが・・今では川の生態系が変化したようです。それでもこんなに大きなナマズを捕った子が出てきました。すごいー
ナマズ

近くにアオサギが・・浅川でみられるサギは主にコサギ、大サギと3種類ですがアオサギが1番大きく雄大で私の好きな鳥です。
アオサギ
スポンサーサイト

第6回「水の郷日野ビジョン450」設立準備委員会(臨時)

8月29日9:30~日野市503会議室
第6回「水の郷日野ビジョン450」設立準備委員会(臨時)

9月8日のシンポジウムも間近となり、再確認のため、臨時の準備委員会を開催しました。
・シンポジウムの流れの確認
・シンポの資料集の最終原稿の確認
・垂れ幕や本の販売について
・午後の現地探索会の資料集の確認制作

★今日の会議には、予てよりシンポの宣伝などしてもらうため、新聞各社にお願いしたところ
読売新聞社の記者が取材に来てくれました。
昨年日野用水開削450周年記念事業のシンポジウムで「水の郷日野」を次世代につなげるための「共同宣言」が満場一致で採択されました。そこで今回、具体的に実行の市民団体{水の郷日野ビジョン450」立ち上げるためのシンポジウムを開催する事等を説明しました。
発行した3冊の記念誌を私たちが持った写真を撮ってくれ、これが新聞に載れば、参加者が少しでも増えることを期待しています。

夏の田んぼの草取り

8月28日(火)8:30~
夏の田んぼの草取り

田んぼ農家にとって夏の草取りは一番大変な作業です。
この大変さを少しでも子供達に体験してもらうため毎年7月と8月の2回の草取りを実施しています。今朝、隣の田んぼ農家のOさんがちょうど草刈りに来ていて、今年の潤徳の田んぼの稲は良く育っているね。との感想を戴きましたので、子供達に、前回の7月17日の草取りが良く出来たから、農家から褒められたよ!!と伝えました。
集合

今回の草取りは、今まで4時限で1クラスごとに実施していたのを1時限目2クラス、2時限目2クラスに変更しました。お陰で終了が10:30となり、私たちの疲れが軽減できたようです。仲間もだんだん年を取り、少しずつでも作業を軽くしていかなければ・・と思うこの頃です。
草取り1

抜き取った草を「み」(ちり取りの大きいような物)に集め、置き場の積み上げます。この草は、土に埋め堆肥化するため「生ゴミ生かし隊」のMさんが後で回収に来てくれます。ありがとうございます。
み

浅川流域連絡会各部会

8月21日(火)14;00~15:30 南西建
浅川流域連絡会各部会
浅川流域連絡会には「環境に配慮した川づくり分科会」、「生きもの分科会」の2っの分科会があるが、今日は同時間に二つの分科会が行われたため、委員に対し出来るだけ両方の分科会に加入してほしいと要望した私の意見を無視したようだ。

第1回環境に配慮した川づくり分科会
1・分科会代表者の選出
 第5期の2年間私が選任されましたが、今期もと言うことなので、お引き受けしました。

2・当分科会の活動方針
 前年度の活動方針に、S氏の意見で
 都が立案した河川改修計画に対し自然環境、住環境、景観等の多面的な視点から・・・・・・・に防災を付け加える事になった。

3・10月11日に行われる現場見学会の視察場所について、川口川を入れることになる。

浅川連絡会


谷仲山緑地を守る会活動日

8月19日(日)9:30~15:00
谷仲山緑地を守る会活動日

8月中ほかの団体は、暑いので、夏休みとしていますが、我が谷仲山緑地を守る会は、月1の活動なので、8月も活動しています。
今日の作業は第6緑地の下草刈りとニセアカシアの幼木の伐採です。昨年刈り込んだアズマネザサが大きく伸びています。3~4年刈り込まないと小さくならないようです。
1草刈

今日は、谷仲山の地区センターが地元の予約が入っており、使えないので第6緑地にビニールシートを敷いて荷物置き場をつくりました。お昼は皆でシートに座っておしゃべりしながらの楽しいひとときです。
昼

第三緑地は今、キツネのカミソリが咲き乱れていますが、第6緑地もこんなに綺麗に咲いていました。
キツネ

第11回水と緑の会議

8月14日(火日)午後2:00~4:30 日野市庁議室
第11回 水と緑の会議

この会議は年1回開催され、市の条例では、「市長は、緑化及び清流化に関する施策を推進するため、水と緑の会議委員を置く」となっていて、2年任期の委員で、担当は緑と清流課です。
座長は、緑が専門の亀山農工大名誉教授そして、明星大教授、法大名誉教授、公募委員が2名、専門委員(鳥、水と緑、環境学習)が3名、商工会副会長と言った顔ぶれで合計9名の委員会です。
次第
1 委嘱状の交付
2 市長挨拶

市長挨拶

3 委員、事務局自己紹介
市長も同席している絶好の機会なので、私の自己紹介では次のようにお話させていただきました。
 私は、日野市の水と緑のボランティア団体を定年後8団体立ち上げ、ボランティアの楽しさ、ボランティアと職員の関係、職員の育成などに重点を置き活動してきました。特に現役の職員がボランティアに携わることの重要性は、40代の頃から、1ボランティアとして行政を顧みて、市民の目線で仕事をしてきた私の経験では、優秀な職員を育てる1っの方策と考えます。従いまして、1昨年立ち上げた谷仲山緑地を守る会は職員も参加を即してきましたが、最初だけですぐ脱落してしまう有様です。是非、職員の意識向上のためにもボランティアの大切さを、何かの機会に職員に対し、お話しくださることをお願いいたします。
4 座長の選出
 満場一致で亀山氏が選出されました。
5 審議事項
 公園遊具の修繕計画について
6 市からの報告事項
 7点の報告事項がありましたが、
 (5)新葉山緑地の買収について(新堂が谷戸緑地)
  経過に誤りがあり訂正為て郵送するよう指摘した。
  ・日野市が国から買収を財政難を理由に断念した事で、市民団体が要望書を国、都、日野市議会、市に提出し国会議員まで動員し国との交渉に当たってもらったり、緑のトラストを立ち上げ、募金活動に入った事などが私が関わってきた事実のことです。このような経過を踏まえ、市が買収することになった経緯について間違った表記をしていたので指摘しました。
(7)黒川清流公園の湧水の白濁について
 ・座長から他市の例を挙げ、くい打ちをやめベタ基礎に変えれば湧水に影響は出ないとのこと・
 しかし今回は半分の基礎杭を施行しているので、残りの杭を中止して、マンションの階数を下げベタ基礎に!!と言う要求をダメ元で出してみるのも1案と思った。
  

アユまつり

8月12日(日)9:00~14:30

第3回アユまつり

第3回目のアユまつりが催されました。
ポスター

今年も我が浅川潤徳水辺の楽校に対し「ターザンロープ」の参加依頼が来ました。
スタンプラリーの巡回場所になってもいるので、テントを1っもらい、水辺の楽校のパンフレットなどを置きPRしました。
又、日野用水開削450周年事業の共同宣言を達成するための、「水の郷日野ビジョン450」の設立シンポジウムのビラを配り、昇り旗をたてPR致しました。
ブース

ターザンロープは今年も大人気!!30分以上待ちのため大行列が出来ました。
ターザン

雨が降ったばかりなので、珍しく浅川に水量が戻り、ガサガサや魚のつかみ取りなどの催しに子供達は大はしゃぎでした。
魚とり

今年のアユまつりは高校生のボランティアが4人も私たちのブースに配属されたので大助かりでした。昨年までは、ターザンロープの子供のお尻押しでへとへとでした。
又、毎年水辺の楽校の大学2年生になった卒業生2人がボランティアで参加してくれるのは本当に嬉しいことです。

アユまつりの帰り、潤徳小の田んぼに寄り、Mさんと大学生の4人でスズメよけのテープ貼りをしました。
網掛け

ホタル講演会

8月8日(水)10:00~12:00
ホタル講演会

南丘雑木林を愛する会の仲間のOさんが所属している「ひなた緑地遊学会」で「ホタルの講演会」を首都大学で開催するとの情報を戴き、早速「真堂が谷戸蛍の会」の仲間にも知らせ参加しました。講師はホタルで有名な小俣軍平氏です。
生沼蛍

小俣氏は、ホタル学者の大場氏や矢島先生の説等にに実際の自分たちの調査で、反論していました。
例えば、通説ですがゲンジホタルは、清流の流れのある水辺にカワニナが棲んでいて、卵を産む場所として苔などのあるところに生息している。このことに対し、小俣氏は自分の実踏を踏まえて、ほとんど水が流れていない湿地のようなところにもゲンジホタルが生息していたので、この説はおかしい。と言った具合です。
一般論に対して、こんな状況の所にも棲んでいました。と言うことなのだが、目くじらを立てているようで耳障りが悪かった。
講演

ミミズの死骸をよくだべるとのこと
ミミズ

・産卵・孵化についても文献記録とフィールドでの観察例とは大きく異なる。
・食餌のとり方について、体外消化と言われているが、体内消化である。
・孵化するための上陸は、雨の降った夜だけではなく昼間も上陸している。
その他沢山、今までの説に反論していました。

第5回「水の郷日野ビジョン450」設立準備委員会(最終)

8月7日(火)13:30~18:00新町交流センター
第5回「水の郷日野ビジョン450」設立準備委員会(最終)

1・シンポジウムについて
 1)座学「もっと知りたい日野用水」講師小坂氏
 ・前回の講演内容を発展させた物に
 ・資料確認
 2)共同宣言実現に向けて
 ・司会者が共同宣言の経過説明
 ・A班からD班役15分の発表
 3)午後のフィールドワーク
 ・小坂氏の資料を皆で確認
 4)ポスターチラシの配布
 ・直ちに各所に配布

ポス田^


 5)新聞社対応
 ・冊子1,2,4と依頼文を添えて郵送する

2・冊子2の正誤表について
 ・中村氏と大至急連絡

会議

午後から、当日の現地探索「歩こう日野用水」を皆で歩いてみましたが、今日は、いつものうだるような暑さではなく、ちょうどよい涼しさで2時間ほど楽しく実踏することが出来ました。
よそう森堀公園に設置した、450周年記念の日野用水の案内図を皆で確認しました。

看板

八王子まつり

8月5日(日)18:00
八王子まつり

八王子の山車祭り
江戸時代から続く市街地の氏子を中心とする山車祭りは、江戸後期から明治中期にかけて人形山車の祭りとして、明治後期以降は、彫刻を前面に施した彫刻山車の祭りとして、関東一円に名声を博しているそうです。
プログラム

お祭りの醍醐味はなんと言っても「ぶっつけ」です.「ぶっつけ」とは、山車がすれ違うとき、山車を寄せ囃子を競り合う事です。相手のお囃子につり込まれた方が負けです.二台に限らず三台、四台がぶつかり合うこともあります。
ぶつかり

中町の芸者衆も三味線を弾きながら山車で行進します。
芸者

毎年のことですが、帰りに2人でアイリィッシュパブにより、大好きなフィッシュアンドチップスを食べ、ユミチャンはギネスを1パイン、私はシャンディー(ビールをレモネードで割った物)と行きたいところですが、ジンジャエールでCheers!!
パブ