FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

歳末特別警戒パトロール

28年12月28日、29日19:00~21:30
歳末特別警戒パトロール

私は、町会の区長を12年間続けており、防犯部にも所属している為、今日と明日の町会の毎年恒例の歳末特別警戒パトロールに参加しています。
28日は19:00集合で、1回目のパトロールは19:30~20:20 子供会や婦人会の皆さんも参加して、町会を2手に分かれて巡回します。明神町1丁目会館において、町会長の挨拶の後、4小の子供たちも参加しているので、地元の第4小学校の校長先生の挨拶です。八王子警察の防犯課長や消防署の職員も激励に駆けつけてくれました。

校長

開会式が終わると、皆外に出て30人づつ2班に分かれます。

出発

2列に並んで錫杖を鳴らし拍子木で2度たたいた後、みんなで大きな声で「戸締り用心火の用心」と叫びます。私は毎年拍子木を担当しますが2回目のパトロールが21:30に終わると手が痛くなってしまいます。明日(29日)も頑張るぞー!!!

行進
スポンサーサイト

平家の餅つき大会

12月24日(土)
平家の餅つき大会

田圃の休耕田を見つけ、私たちが田圃の風景を残したい一心で、地主に呼びかけお手伝いが始まって23年になります。
今日は年末の恒例の23回目の餅つき大会です。
仲間が前日から準備してくれ、7:30ごろから釜炊きが始まりました。

火起こし

50分ぐらいで、セイロのもち米がふけ、最初に餅つきの機械で半練り状態にし、それから本当の餅つきに入ります。50臼も搗きますので、大変なので最初からこの方法を取っています。美味しいお餅になるのは、最後は杵で搗かないと駄目です。
田圃のお手伝いを始めて5年後に生まれたE君も成長し今日は親子でエイヤー!!

餅つき

餅が搗けると早くも試食会になります。搗きたての餅に大根摺りを付けて醤油をかけたからみ餅は、なんておいしいんでしょー

~みもち

女性群は別のテーブルに移って大福づくりです。ゆみちゃん(左)や、るみちゃん(右)も一生懸命にお餅を丸めます。帰りにお土産に戴き、我が家でお茶を飲みながらいただく大福は絶品です。1年間の米作りに、この上ない満足感を感じるひと時です。

大副

5年生餅つき大会

12月21日(水)8:00~
浅川潤徳水辺の楽校
     5年生餅つき大会


今日は潤徳小5年生による米作りの最後の最後、餅つき大会です。
昨年から潤徳小学校運営委員会の掛け声でPTAと水辺の楽校が共催で復活ししました。
8時前から火起こしが始まりました。鎌はもち米用2基とお湯沸かし用2基を用意しました。

火起こし

お米がふけると最初の工程の米つぶしです。餅つきの1番重要な作業です。杵で2人がかりで蒸けたお米をつぶします。程よく全体がつぶれないと杵でついた時お米が飛び散ってしまうのです。ここは大人がやらなければとケーブルテレビが取材に来てくれたので張り切ってGO!!

米粒し

さあ子供たちの出番です。1人1人10回ほど杵をつきます。順番を待つ子供たちが元気に1,2,3と掛け声が後者に跳ね返ります。返しはPTA会長が頑張ってくれました。

餅つき子供

皆でついたお餅をPTA のお母さんたちが、きな粉、法、納豆バター等のからみ餅を創ってくれました。いただきまーす元気な声と共に美味しーな!!あちこちで声が上がります。子供たちが種まきから精米まで一生懸命作ったお餅なのでひとしおなのでしょう!!
食べる

最後にスタッフ全員で試食会です。子供たちが喜んでくれてよかったね!!ノロウイルス問題で中止の所が多い中、開催して子供たちに伝統行事が伝えられて良かったね。等の感想が・・

試食皆で

谷仲山緑を守る会活動日

12月18日(日)9:30~
谷仲山緑を守る会活動日

今日の作業は、前回に引き続き神明第5緑地の管理を行いました。
大木をだいぶ前に市の方で、切り倒し材をそのままにしてあるので、毎回整理が大変です。

運び丸太

木杭を打って丸太を運び、粗朶柵工を施しました。この辺には、夏場には湧水が流れるので、水みちにもなります。
近い将来、初春にはカタクリが、咲き乱れることを期待しています。

粗朶柵

第12期第7回日野市雑木林ボランティア講座

12月17日(土)9:30~15:00
第12期第7回日野市雑木林ボランティア講座

1・実習「落ち葉掻き」「腐葉土づくり」
   指導 飯島利三先生
 ・50~60年前まで農家では落ち葉を集めに籠は使わず、背中に背負って山を下りてきたそうです。
 葉っぱをそろえて丁寧に集める技を使い、その結果落ち葉の大きな塊を手で持ち上げ背中に積むことができます。

落ち葉かき

今日はビニール籠に落ち葉を集め、腐葉土を創る為の置き場に運びました。

生徒落ち葉かき

2・刈払機の実習
 指導 日野市の専門の職員、橋本ボランティア講師
刈払機の講習は第3回の講座で、基礎的な学習をしましたが、今日は実習を中心に行います。
もう1度、基本的な操作の仕方等を市の職員から話があり早速実習に入りました。

機械

刈払機は安全講習を受ければ後は慣れなので、皆だいぶ上手に使えるようになりました。

実習刈払機

真堂が谷戸蛍の会活動日

12月15日(木))9:30~
真堂が谷戸蛍の会活動日

今日の作業は落ち葉掻きです。熊手で雑木林の中で落ち葉を集めます。ビニール製の大きな手下げ袋に集めた落ち葉を入れて運びます。

落ち葉

近くに広げたビニールシートの上に袋から落ち葉を出して、今度は2人でシートの4隅を持って引きずって落ち葉だめまで運びます。1年寝かせておくと良質の腐葉土が出来上がります。今日は雨上がりの為、落ち葉は濡れていて、普段の数倍重く重労働でした。

シート

潤徳小の「水辺の楽校」の子供たちがカブトムシを育てたいとの要望があり、落ち葉溜に棲んでいるカブトムシの幼虫を40匹プレゼントすることになりました。

兜

ササ仕上げ

12月13日(火)9:00~14:00
ササ仕上げ

今度は12/11皆で笹刈をしてきた500本の笹を皮をむき、4mの長さに揃え、お団子を刺す為に先を尖らす仕上げの作業にかかりました。小学校の北側の日陰での作業は寒くて大変です。

笹仕上げ

お昼も食べずに頑張って400本の笹を仕上げ、午後2時に終了しました。

出来上がり

浅川潤徳水辺の楽校どんど焼きの笹刈

12月11日(日) 8:30~浅川多摩川合流点河川敷
浅川潤徳水辺の楽校
     どんど焼きの笹刈り


今日は潤徳小のPTA、市の職員、水辺の楽校スタッフ総勢30数名で浅川の河原に集合。どんど焼きで子供たちが焼いて食べるお団子の串に使う4mの笹500本を切り取り、枝取りそして皮をはぐ作業を実施しました。

毎年刈り取っているので奥に入らないと長いササが刈りとれません。

笹木り

刈り取ったササを子供たちも一緒に運んでくれました。

子供たち

慣れない手つきで、剪定鋏やのこぎりをつかって、ササの皮をはいだり、枝を切り取ったり、この作業が大変です。

枝落とし

皆さんのお陰で今年も500本の笹が刈り取る事が出来ました。次の作業は、この笹を一定の長さにそろえたり、お団子を刺す為先を尖らせたり、枝や皮の取り残し部分を仕上げる作業があります。

笹

浅川流域市民フォーラム幹事会と樹木伐採立ち合い

文字色12月8日(木) 
浅川流域市民フォーラム幹事会と樹木伐採立ち合い

浅川流域市民フォーラム幹事会 12月8日14:30~

1・11/17生き物分科会について(諏訪)
 ・大栗川生き物調査実施報告
   カワムツ、ヨシノボリ、ドジョウ等の魚類が捕獲され驚き、3月に川口川で生き物調査実施予定
2・12/3全国水環境マップ実行委員会報告
  北海道の水害事故の報告等
3・12/6環境に配慮した川づくり分科会報告(笹木)
  川口川、大栗川の今後の工事スケジュールについて

会議フォーラム

浅川河川敷樹木伐採立ち合い  12月9日10:00~

浅川の河川敷のあちこちでは、高木が林のように茂っていところがあります。最近浅川の管理者京浜河川事務所では、洪水時に支障となるという理由で、皆伐が始まっています。
私たちフォーラムでは、長い間樹林化する河川敷を放置してきたことにより、都市化の影響を受けた生き物たちが、逃げ込み何とか生きてきた事実を踏まえ、皆伐の主旨は理解するものの、一気に全伐するのではなく、何年かに分け実施するよう要望してきました。そこで毎年、工事着手前に現場立ち合いをして、残してほしい木を指定し、管理者とせめぎ合いをしています。

今日の立ち合いは、八王子・日野カワセミ会の代表である粕谷氏にも同行してもらい、特に野鳥達に必要な樹木を中心に残してほしい木を現場で交渉しました。結果3か所で各1本の高木が取り合えず保全出来ました。
又、新井地区では、アズマネザサが堤防の下まで繁茂してきたので、刈り取りたいとのこと。この場所は尊敬する山本由美子さんがオドリコソウの保全をしてきた場所なので、その考えを組み移植してもらう事になりました。

立会樹木

水と緑の日野・市民ネットワーク幹事会

12月8日(木)13:00~ 環境情報センター
水と緑の日野・市民ネットワーク幹事会

1・第8回雑木林ボランティア講座報告
 ・バスで町田市の七国山緑地で現地のボランティアと一緒に下草刈り等を実習

2・平成29年度のシンポジウムについて(開催日5/6or5/27)
29年4月に黒川清流公園脇に環境情報センターがオープンするので、その記念シンポジウムと位置付け、基調講演を縁のある矢島稔先生に決定(内諾を得る) パネルディスカッションについては、公園にゆかりのある方々に黒川清流公園の過去、今、未来を語ってもらう方向で意見がまとまる。

みみネット