FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

残念 錦織 圭

5月30日(月)
残念 錦織 圭

錦織準々決勝進出ならず…降雨中断で流れ失い、地元ガスケに敗れる!!

 全仏オープンテニス第8日は29日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で第5シードの錦織圭は第9シードのリシャール・ガスケ(フランス)と対戦。4―6、2―6、6―4、2―6で敗れ、2年連続の準々決勝進出はならなかった。残念、残念、残念!!

 第1セット4―2とリードして迎えた第7ゲームでは、31本のラリーの末にポイントを奪い、ジュースに持ち込んだが、そこで雨足が強まり中断となってしまった。
 1時間4分の中断を経て再開後は流れが一気にガスケに傾いてしまった。錦織は再開直後に2本ミスが続き、ブレークを許すと、さらに第9ゲームもブレークされ、このセットを4―6で落とした。
 続く第2セットも第1ゲームでいきなりブレークを許すと、2―6。後がない第3セットは錦織も粘りを見せて6―4でもぎ取った。しかし、第4セットでは、2―6で押し切られてしまった。

最近の圭は力をつけ今までの中では最強の状態で、全仏優勝もあるかも?と期待して初戦からテレビの前で応援していましたが、苦手のがスケに不運な雨による中断で狂ってしまったようです。ということはまだまだなのでしょうか?
早朝3:10に終了。熱中していたせいか、敗戦のせいか、疲れがどっと押し寄せ、床についてもなかなか眠れません。

気持ちを切り替えて、悲願の4大大会制覇の夢は6月のウィンブルドン選手権に!!、また大きな夢を見続けたいと思います。
がんばれ”圭”
圭
スポンサーサイト

真堂が谷戸蛍の会活動日

5月28日(土)9:30~
真堂が谷戸蛍の会活動日


草がだいぶ伸びてしまったので、板坂さんと2人で刈払機で草刈りを実施。

仮払い

左側にある黄色い袋は今年最後のキンカン収穫です。本当によくなりました。枝がだいぶ重なり合い、茂っているので、強剪定を施しました。このなだらかな丘には、ユズ、夏ミカン、梅、キンカン等が沢山植えてあります。市と相談してミカンやレモン等のかんきつ類や栗、カキ等も植えて、福祉関係の人たちと収穫を喜べたらいいなー等作業しながら楽しい話題に花が咲きました。

キンカン

緑地の下の方では、黄ツリフネソウの群落あり、黄色い花が咲き始めました。

つりふね

南丘雑木林を愛する会活動日

28年5月26日(木)9:00~16:00
南丘雑木林を愛する会活動日

腐葉土置き場の1部がコンパネになっていて公園の景観上よくないので、正面と同じようにモウソウ竹でお化粧をしました。
斜面では外来種(ヒメジョオン、ブタクサなど)の雑草を皆で手で引き抜いての除草作業をしました。

腐葉土置き場

黄色い花が見事に咲いていますがこれも外来種のコウゾリナと言う雑草です。根がしっかりしていて抜きづらい草ですが1本1本丁寧に抜きました。

コウゾリナ

午後からは、山に入り、最近目立ってきた枯損木(立ち枯れしている樹木)の大木4本を伐採をしました。受け口を入れているところです。
枯れ木は強風等で倒れやすく、安全のため、伐採しなければ、公園に来た人たちに危険です。

こそンボ区

日野用水450周年記念事業推進委員会

5月24日(火)10:00~501会議室
第2回 日野用水開削450周年記念事業推進委員会

福島委員長遅れるとのことで、本日の進行は副の私が勤めることになりました。
1.第1回会議の振り返り
 ○ 6/11 第1階イベント「歩こう!日野用水」について
 ○ 平成28年度予算について
  ・記念誌や謝礼
 ○ 450周年PR方法について
  ・ポスターの印刷
  ・9月の広報一面を使って大々的に(決定)
 ○ ロゴマークと清流ポスターを絡めて、冊子の活用について、冊子2について

2.6/11の「歩こう!日野用水」について
  ・現在の申込数: 5/24現在19名(午前16名、午後18名)
  ・5/12の実踏報告と確認: コースを谷地川までに短縮した。2班に分けそれぞれ解説者を付ける。
  ・スタッフは9:30会場の新町交流センター
3.冊子2について
  ・題は「日野用水450年!-昨日と今日、そして明日へーに決定し、それぞれの書く担当者が決まる。
4.清流ポスターと缶バッチについて
  ・委員から缶バッチの案が出されたので、取り合えづ第1回のある校日野用水の参加者に配ることになる。正式には子供達から清流ポスターと絡めて応募(9月)に。
5.第2回イベントについて
  ・講座「日野用水を知る」28年度と29年度の最終シンポに向けた講座や「歩こう」のスケジュールが示された。

450会議

サツマイモ植えとマイガーディン

5月22日(日)
サツマイモ植えとマイガーディン

真堂が谷戸の畑にやっとサツマイモを植える事が出来ました。
今回も蛍の会代表の板坂さんが私の畑を耕してくれ、3本のさくを作ってくれました。、先日の活動日の時、いつサツマイモを植えに来るの?と聞かれ、大変申し訳なく思っていました。
今日、村内ホームセンターで3種類のサツマイモの苗を30本買ってきて、植えることができホッとしました。隣の緑の野菜は、1ヵ月前に植えて、すくすく育っているジャガイモです。板坂さんいつもありがとうございます。

畑

マイガーディン

イングリィシュガーデンによく植えてあるとってもきれなジキタリスを1昨年、園芸店で見つけ2株買って来て我が家の庭に植えました。昨年は出なかったですが、今年は初めて美しい花を咲かせてくれました。
ジキタイスは、ヨーロッパ産の多年草で、全草に毒性がありますが、薬草としても知られ、強心利尿薬として利用されます。葉に猛毒があるとは知りませんでした。

ジきたルス

庭の片隅に早くもホタルブクロが満開です。

蛍袋

シモツケソウも顔を出し淡いピンクの花を見せてくれます。

しもつけ

第12期日野市雑木林ボランティア講座

5月21日(土)9:30~於:日野市生活保険センター
第12期日野市雑木林ボランティア講座

今年は、昨年の応募待機者が20名と今回応募いただいた25名のうち13名(12名は来年の講座に回る)計33名の講座生で1年間ボランティア講座が始まります。
1・「日野市の緑と雑木林」 講師原正明(前緑と清流課長)
 イ、日野市の地形の特徴 ロ、日野市の緑の現状 ハ、雑木林とは 二、雑木林の管理と楽しみ

原

2・「日野市の植物」講師杉浦忠機(日野市環境情報センター)
日野市に植生する主要な樹木の特徴、葉の形の違い、名前の由来など楽しく解説

杉浦

3・「雑木林ボランティア講座の意義と概要」笹木延吉(ボランティア事務局)
1年間の講座の概要、講師陣等の紹介、講座の目的(ボランティア育て、雑木林で楽しく活動する意義)

私

今回新しく事務局として加わった小太刀氏(環境情報センター)から、講座や活動の心構えや服装などについての注意事項の話があり、最後に、講座生各自による自己紹介と講座参加の思いを語ってもらい第1回の講座が終了しました。

小太刀

浅川潤徳水辺の楽校推進協議会  

5月19日(木)17:30~於 校長室
平成28年度第3回浅川潤徳水辺の楽校推進協議会

1、5/14「浅川で遊ぼう1」総括
 ・竹馬は低学年用にもう少し低いのが必要では
 ・竹笛を加えたままで走っていた
 ・石絵用にテーブルを増やした方が
 ・予備のお椀と箸を用意するのを忘れた
 等の反省点があったが、子供100人、父兄50人の参加があり大成功に終わったと総括

2、稲作りの指導
 ・5/9種まきが終わり、子供達が毎日水やりをして、順調に育っている。
 ・田植えは6/6の予定

3、6月5日(日)身近な水環境の一斉調査     担当小倉
 ・スタッフは、9:30潤徳小集合

種まきしてから11日経って、順調に育っている稲

稲



会議水辺

真堂が谷戸蛍の会活動日

28年5月19日(木)9:30~

真堂が谷戸蛍の会活動日

真堂が谷戸では里山の循環として、15坪/1人ぐらいの畑を耕作しています。通路と畑に段差があり、土留め壁としての丸太が腐ってきたので、先日伐採した新しい丸太を使い補修しました。

土留め

田植の時期も近付いてきましたので、みんなで田の草取りをやりました。

草取

明大農学部倉本ゼミ

5月17日(火)18:00から
明大農学部倉本ゼミ
「日野市における里山保全の取り組み」


先日、明大倉本教授からゼミで「日野市における里山保全の取り組み」について,話をしてほしいとの要請があり、日ごろ雑木林ボランティア講座でお世話になっているので、引き受けました。
1昨年から倉本ゼミの学生近藤君が「新堂が谷戸ホタルの会」へ、大石さんが「倉沢里山を愛する会」に送り込まれ、ボランティア活動をしています。そんなことから日野市の里山がどんな事をして残ったか等を他の学生にも話してほしいとのことでした。
「日野市における里山保全の取り組み」と題して、30数名の学生を前に1時間ほど、私が取り組んできた里山保全について話をさせてもらいました。

表紙パワー

相続が起きた里山の1/2を寄付、1/2を国に物納してもらい2年後に日野市で購入すると言う苦労して考えた緑地保全制度に協力してくれたのは、何といってもパートナーシップ協定(市に寄付した雑木林を今後も今まで通り、里山の循環として個人で使用できる)を締結出来たからだと考えます。

pa-tona-.jpg

こっつ

最後に2人の学生が、里山でどんな活動をしているのかを紹介しました。

倉本氏

谷仲山緑を守る会総会

5月15日(日)9:30~
谷仲山緑地を守る会総会

長年の夢の1っであった、谷仲山の雑木林を保全するボランティア団体を立ち上げる決起総会を開く事が出来ました。
18名の職員、OB, 市民が集まってくれました。

giansyo.jpg

○役員の決定
 代表笹木、副代表中島、書記板倉、石黒、植物班立川、事務局小太刀に決定
○予算 会費3万+小倉基金5万=8萬円(他の助成金を獲得して、最低限の道具やヘルメットをそろえたい。

総会

○会の名称 思いのあるネーミングが宿題だったので、黒板に書き出し、挙手で決定
「谷仲山緑地を守る会」に決定

">名前

総会終了後、谷仲山緑地を全員で、ゴミ拾いをしながら、視察し今後の管理等について話し合いました。後日役員会を開き活動計画を策定しそれに基づき6月から、いよいよ活動が始まります。

散策