FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

真堂が谷戸蛍の会 活動日

7月28日(土)9:30~
真堂が谷戸蛍の会 活動日

今日は、第4土曜日なので、百草緑地に集合。(月3回の活動のうち、1回だけ百草緑地の管理)

キツリフネソウの種を採取。
ホウセンカの仲間なので、種が勢いよくはじけます。レジ袋に包むように採取しました。日陰を好む野草なので、近くの真堂が谷戸や南平丘陵公園の野草園に種をまく予定です。

1百草園

梅の枯れ枝の整理
2百草園

35℃にもなるので、夏の作業は熱中症に十分気をつけて活動しなければなりません。
40分で1回休憩するようにしています。上島さんが、ここで取れた梅と黒糖のミックスジュースを作ってきてくれました。おいしくて元気が出てきました。市川さんがキュウちゃんの漬物や、塩飴、冷えたおしぼり等を持ってきてくれました。上島さん市川さんありがとう
3百草園
スポンサーサイト

浅川潤徳水辺の楽校幹事会

7月26日(木)16:50~
浅川潤徳水辺の楽校 幹事会

議題
・7月23日 田圃の草取り総括
 夏休みなので、自由参加としましたが、5年生が80名が参加。
 大変な夏の草取りの体験と生物(蛙等)とのふれあいも出来て良かった。
・8月4日浅川プールの準備状況確認
・8月22日八王子市と日野市の子供の交流事業の応援依頼 
 緑と清流課の職員が「子供の交流事業実施要領」を説明があり、当日の協議会のスタッフの配役を決めた。
・9月8日植物観察とバッタとりについて
 講師の杉浦さんに毎年お願いして実施しています。

次回の会議 8月14日16:00潤徳小校長室

会議潤徳

南丘雑木林を愛する会活動日

7月26日(木)9:30~15:00
南丘雑木林を愛する会 活動日

今日は気温が36℃にもなりました。私たちの活動は野外なので、熱中症には各自十分気をつけていましたが、1人だけ熱中症の一歩手前の人が出てしまいました。実は私なんです。一応、活動には付いて行けましたが、皆元気に頑張っているのにとても恥ずかしい思いで一杯でした。終了後、家でシャワーを浴び、夕方の水辺の楽校の会議に出る頃には、いつもの元気が戻ってきました。

今日の作業は、公園の四つ目垣の復旧工事です。副代表の吉野さんが南天の木を調達してきてくれましたので、その材料を使って、棕櫚縄で結んでしゃれた垣根を創りました。指導は吉野さんを中心に、橋本、白石の両氏です。

四つ目1

棕櫚縄の結び方は、何度教わっても中々うまくいきません。

yotume 2

だんだん慣れたころには終了です。
南天を使った柵は、なかなか趣がありしゃれています。吉野さんありがとう。
3四つ目

蛍の調査結果

蛍の調査結果

6月26日(20時30分)143頭のホタルが乱舞


6/13~7/12までの1ヵ月間、会員が3班編成で、毎日蛍の調査活動を実施しました。
調査項目は、気温、水温、湿度と蛍の頭数です。

4年間の調査頭数
平成21年  443頭
平成22年  547頭
平成23年  599頭
平成24年 1,363頭

日野市にわずかに生息する蛍が、都市化等の影響で、生存が危ぶまれています。
私たちは、日野市の最後の小さな里山「真堂が谷戸」で生物多様性を考え、雑木林の管理、蛍、カワニナなどが生息する湧水と流れの管理、田んぼの復元、畑の耕作など、この里山を健全な形で次の世代に引き継ぐことを目的に、毎月3日たのしい汗をかいて活動しています。

蛍の生息する流れは、蛍が産卵する苔の生えた暗い場所、そしてカワニナが生息しやすいよう、日の当たる場所を同時に考えて管理しています。この自然へのお手伝いだけで、毎年少しずつ、蛍が増えてきましたが、今年は一挙に昨年比の2倍以上の蛍が飛んでくれました。
今年はあちこちで、蛍が例年より飛んでいるとの情報もありますが、真堂が谷戸では、えさになるカワニナとのバランスもあると考え、来年が大変心配です。仮に激減しても自然界の出来事として、受け入れ今後も今まで通りの管理をしていきたいと考えます。


3蛍グラフ
1蛍表
2蛍表

浅川潤徳水辺の楽校 田圃の草取り

7月23日(月)9:00~12:00
浅川潤徳水辺の楽校 田圃の草取り

種まきしてから1ヵ月間、みんなで大事に育てた苗を、6月13日に5年生全員で、田植えをしました。この通り稲はすくすく育っています。1度に2~4本の苗を田圃に植えましたが、ぶんけつして8本ぐらいに増えました。
今日は、田圃の作業の中で1番大変な夏の雑草取りの日です。5年生の有志約80名と先生、父兄の方々が集まりました。夏の草取りは、稲にとって重要な作業です。雑草がはびこると、これから稲の花が開花し実をつける重要な時期に、養分を持っていかれてしまいます。除草剤等の農薬を使わない有機栽培は大変なのです。

水辺の楽校スタッフの指導で草取りが始まりました。

1草取り

子供たちも一生懸命に除草作業に取り組んでいます。
2草取り

蛙がたくさん見つかりました。アオガエル、ヒキガエル、等たくさん捕まえましたが、いつものように帰りにはそっともといた場所に返します。
3草取り

 水辺の楽校からのキャンデーのご褒美です。今年は先生方にも回りました。よかった、よかった
4草取り

町会の夕涼み会い(お祭り)

7月21日(土)
町会のお祭り

今日と明日は、私の住んでいる町会の小さなお祭りです。
8年前から町会の役員をしているので、お祭りのスタッフとして大忙しです。

町内の小さな公園で、子供会や婦人会の人たちが夜店を開いているので、町内の子供たちが大勢集まってきました。入口では、お囃子会の子供たちが中心に笛や太鼓で、お祭りを盛り上げています。

1祭り

7時から道路を通行止めして、盆踊りが始まりました。右側にあるのは、皆様お楽しみの抽選会の賞品です。
今年は運がよくカサブランカの大鉢が当たり、スキップして家に持ち帰りました。
明日の日曜日は、お祭りの片づけ作業が待っています。

2祭り

第3回雑木林ボランティア講座

7月21日(土)9:30~15:00
第3回雑木林ボランティア講座

今日は、曇り空で午後から降雨の予報が出ている、不安定な空模様です。
途中一時的な降雨がありましたが、何とか1日講座が楽しく出来ました。

第3回の講座内容
・手道具の歴史と使い方
 講師飯島利三氏(ミミネット代表)
・鎌や鋸を使って雑木林の管理の実習
 講師橋本幸久氏(南丘雑木林を愛する会代表)

鎌のとぎ方使い方等を図を使っで分りやすく丁寧な講義でした。

1ボラ

午後から、南平丘陵公園の北側斜面で、橋本講師の指導で、ノコギリやカマを使った実習です。15年もののコナラの雑木を萌芽更新作業として、鋸で伐採しました。なかなか水平に鋸が進みません。
2ボラ

雑木林の一番重要な作業である、鎌を使っての下草刈りです。なかなか鎌の使い方がうまくできませんでしたが、手首を使って切ることが理解してから、この通り、上手に刈れました。

4下草ボラ

下草刈りを始めてから、だんだんヤマユリ、キンラン、ギンラン、ウラシマソウ等の潜在植生が芽を出してくれました。
今年もヤマユリが見事に咲いています。
ボラ3ユリ



真堂が谷戸蛍の会活動日

7月19日(木)9:30~
真堂が谷戸蛍の会活動日

毎日暑い日が続いていますが今日も35℃になりそうな天気予報です。
夏の作業は、体中から汗が噴出し、大変ですが、作業後、シャワーを浴びた後のさわやかさは、最高です。今日はパンツまで汗でぐっしょり。

雑木林の中につる性の植物(くずなど)がはびこりだしたので、その駆除をしました。

蛍17,19

蛍の季節も終わりましたので、見に来る人たちのために、危険防止安全柵を設置しましたのでその撤去をしました。

棒抜き7,19蛍

6月3日に田植えをしたイネは、すくすく育っています。夜はカエルの大合唱が聞こえ、田んぼの水の中にはいろいろな生き物が生息しているようです。

田んぼ7,19 蛍

我が家のガーデン

7月18日(水)
我が家のガーデン

夏の時期は花が少ないですが、暑さに負けず頑張って咲いている花等を、撮ってみました。

椿に絡んだノウゼンカヅラが満開です。手前の野草はハンゲショウとホタルブクロです。

1ガーデン

ユリ、ギボウシ、オカトラノオー、シモツケソウ等が咲いていますが、そろそろ花の終わりに近づいています。

5ガーデン

外壁のフェンスに絡んで咲いているトケイソウ、繁殖力が強く、切っても切っても弦が伸びてきて困っています。

時計ガーデン2

レンガの外壁に絡んで覆いつくしているイタビカヅラ。トケイソウと同じく繁殖力が強くて、選定や庭の中に伸びてくる、つるの駆除が大変です。
3いたみガーデン

東日本大震災ボランティア岩手

7月15日(日)19:00~21:00 神奈川県民センター2F

東日本大震災ボランティア研修会

7月30日から4日間の岩手県の震災ボランティアに申し込んだところ、2時間の研修参加が義務付けられていたため、横浜駅の近くの神奈川県民センターまで行ってきました。
主催はKSVN(神奈川災害ボランティアネットワーク)という団体で、昨年の3月から気仙沼、陸前高田等の被災地に毎週ボランティアバスを、出しているすごい団体です。

この研修会はKSVNボランティアバス搭乗に際し、基本的な心構えやルール、注意事項等を学ぶものです。
印象に残ったのは、約束事の2番目 私たちは「お互いさま」「させていただく」の精神で。被災者の気持ちに寄り添い、感謝の気持ちを持って謙虚に行動しますと言うところです。
ボランティアをさせて頂くという気持ちの大切さは、日頃私たちが活動しているボランティアにも共通して言える事なので、意を強くいたしました。

ボラ1