FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

水の郷日野ビジョン450会議

3月19日(火)13;30~日野宿交流館
 水の郷日野ビジョン450会議

1・「区画整理の公園内に田んぼを」要望書の回答
 区画整理課の担当者と要望書の回答について、話し合いの結果、今後公園築造時に話し合いの場を持ち検討するとのことでした。
区画整理事業としても農あるまちづくりとして,用水やビオトープなども謳っているので,具体的な要望書を作成し,文書で回答を得る方向で進みたい。(実現の可能性が高いと判断した。)
2・新井地区の農地の近況
 ・都市農地賃借法に基づき生産緑地で30年間農業に
 ・相続で消滅しかかった田んぼの状況
3浅川の流水保全について
 ・浅川流域市民フォーラムで取り組んできた萩原橋上流右岸の湧水保全について
4・小学校の田んぼ、ビオトープについて
 ・次回の会議で視察に行く
5・その他
 ・水車まつりについては、当会も参加することになる。

450会議

スポンサーサイト

水の郷日野ビジョン450

1月22日(火)13:30~日野市3階会議室
「水の郷日野ビジョン450の活動が始まる」

日野市まちづくり部区画整理課に要望書を提出
13:30 区画整理課に要望書を提出し趣旨説明
 水の郷日野ビジョン450の「共同宣言」実現のため、日野市まちづくり部区画整理課に要望書を提出しその趣旨説明を行った。
要望事項
田んぼの復元・保全を要望した公園
1・かって、一帯に田んぼの風景が見られた豊田土地区画整理事業地区内の豊田1号公園内
2・田んぼがまだ残っている西平山土地区画整理事業地区内の計画公園内
★3月初め迄に回答をお願いした。

午後2:30から、公園や緑地内等に田んぼが出来る可能性のある場所を会で視察した。
 仲田蚕糸公園→神明第6緑地→万願寺中央公園→大木島自然公園→豊田1号公園→南平開発地→西平山公園

神明第6緑地
緑地として公有化されているが、昔は田んぼだったようで、すぐにも田んぼに出来そうな場所です。
現在は、谷仲山緑地を守る会によって管理されている場所です。 
谷中山

南平開発地
宅地開発で事業者から移管される土地で、以前田んぼだったところです。市で田んぼ復元の工事を春先に施工する予定で、うまくいけば今春から田植えが出来そうだ。素晴らしー!!
田んぼ南平

西平山土地区画整理事業地区内の公演計画地内に現存する田んぼで、公園としてそのまま保全できる用要望した場所だ
田んぼ西平山

いよいよ「水の郷ビジョン450」の活動が始まりました。前途多難な多くの問題を少しでも解決し、次の世代に引き継げるよう皆でガンバロー

第2回水の郷ビジョン450会議

11月21日(水)18:30~
第2回水の郷ビジョン450会議

手探りで進めているビジョン450。今日の会議は・・・・・

議題
1・共同宣言の実施(その1)
副読本【日野用水】を使って
「指導者養成と環境学習」講師小坂氏
日野市内の小学校で、副読本を製作したり先進的な環境学習を進めた経験をもとに今後私たちが学校で教員とはナ試合進め方についての講演
①日野用水の活用
②3,4年生副読本
③日野市の様子
④【食から環境を考える】-日野用水ー

2・今後の進め方
・定例会は隔月に開催し、現地調査や市との話し合いなど随時実施する。

3・役員の決定
 会長笹木、 副会長小坂、福島、 事務局、北村、 監事、加地

会議450




水の郷日野ビジョン450設立総会

10月17日(水)18:30~20:30 カワセミハウス
水の郷日野ビジョン450設立総会

9月17日に意気揚々と夢一杯で「設立総会」を開催したところ、20名がシンポジウム時に参加を希望していたのにもかかわらず、4名の出席と散々たる船出となりました。
しかし、危機的な状況にある日野市の用水や田んぼを考えると、落ち込んでいるわけにもいかず、再度情熱を持って挑戦すべきと考え今回、ダイレクトメールを出し、もう1度発足総会を開催いたしました。参加者は、事務局を含め15名の参加でしたが、これが現実です。議題は前回と同じ形で進め、次回から具体的な活動の展開に入っていく予定ですが、昨年の日野用水開削450周年記念シンポジウムで承認された共同宣言のあの熱い盛り上がりを、今後の会の運営に生かしていくことが、私たち事務局の重大な責任と痛感した次第です。

会議450

第1回「水の郷日野ビジョン450」設立総会

9月19日(水)18:30~20:30 新町交流センター
第1回「水の郷日野ビジョン450」設立総会

1・開会挨拶
2・「水の郷日野ビジョン450」立ち上げの趣旨説明
3・参加者の自己紹介
 それぞれ参加の思いを語ってもらった。
 4・共同宣言の分科会の説明
5・意見交換
  ・田んぼの援農に取り組んでいる経験者の話
  ・近くの田んぼが区画整理の公園予定地なので、公園の中に残しては?
  ・現在環境問題を勉強中で興味を持った

参加者5名と言う思いもよらない事態で、主催者及び事務局として、大いに反省。10月17日に再度度設立総会を開催することとし、通知と℡攻撃を交え、出席依頼をしなければ・・・・
 反省点
  ・シンポジウムの資料に設立総会の案内を載せていたが、気がつかない人もいたのでは
   改めて通知を出すべきだった。
  ・アンケートに参加の名前を書いただけの人もいたのでは
  ・会場が遠く又、夜の会合だったこと
  ・私たちの訴えた日野用水と田んぼの減少に対する危機感が今ひとつ伝わらなかった。

発足会