FC2ブログ
プロフィール

kingfisher31131

Author:kingfisher31131
{趣味} テニス、水彩画、庭木剪定、UK旅行など

{幹事、事務局} 南丘雑木林を愛する会、真堂が谷戸蛍の会、浅川潤徳水辺の学校、浅川流域フォーラム、水と緑日野市民ネットワーク、日野雑木林ボランティア講座、日野の田んぼを愛する会
       

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
リンク
リンク
Nobbyの青春
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

萩原橋上流立ち会い

1月16日(火)
萩原橋上流護岸工事立ち会い

萩原橋上流右岸の護岸工事もだいぶ進んできました。
上流の護岸が出来たこと等の理由により、河川の流れが変わりかってのワンド部分が水衝部となり、私たちが長年保全してきたた浅川で1番のワンドワンドの復元は、不可能となってしまいました。
しかし堤内地からの湧水は地下に埋没させずに、何としても浅川の表面水になるよう、通水性のある護岸や透水管を入れる事を京浜河川事務所と長い間要望し実現してきました。
工事真っ最中の浅川の現場です。
工事全景

堤内地からの湧水を工事の師匠となるため、一時仮設水路を掘って流しています。
湧水

苦肉の策として、私たちが要望して堤内地からの湧水を導くために入れた2本の透水性導水管が採石の中に見えます。
とうすいかん

毎回、調布から魚類研究者のKさんも必ず来てくれています。議論の結果は、埋め戻しをした後、湧水が透水管に戻ってくるかが重要な事であり、出来ることはやったので、時間をかけて観測していくしかないとの、話し合いの結論でした。
話し合い業者
スポンサーサイト

どんど焼きの準備

1月15日(火)9:00~12:30 潤徳小裏庭
どんど焼きの準備

12日にどんど焼きのお団子を刺すササの仕上げが423本終了していたので、今日は残りの80本のササを仕上げました。写真の左に積んであるのが出来上がった500本のお団子を刺すササの山です。

今日の作業の主は、真竹割りです。竹割の道具を使い真竹の頭に打ち込みます。途中から道具の手を持ち、壁などにたたきつけます。6本に竹が割れます。この割れた竹は、どんど焼きの柱の横の骨組みに使うものです。

竹割

南丘雑木林を愛する会活動日  

1月13日(日)9:30~15:00
南丘雑木林を愛する会活動日  

新年第1回目の活動日です。
H会長の新年の挨拶がありました。今年は話は短くするそうですが・・?
とにかく常連のメンバーは皆元気に集合しホットしました。(殆どの会員は高齢者なので・・・・)
挨拶

今日はH会長からロープワークの実習をしようと言うことで、基本のもやい結びを皆で柱にロープを回しての実習です。
Hさんが、何通りかのロープの結び方を手書きで書いてきてくれましたので、それを見ながら一生懸命にロープと格闘です。
もやい

ササの仕上げ

1月12日(土)9:00~15:30 潤徳小

ササの仕上げ

今日は寒い1日です。
どんど焼きの準備で大変な作業の1っ「ササの仕上げ」を行いました。
Oさん、EさんM女史の4人で作業開始。それぞれの場所を取り椅子に座り黙々と作業します。11時頃にはみぞれが40分ほど降ってきましたが、今日中になんとか大半を仕上げたいので、皆黙々と作業
笹仕上げ全体

ササの先を尖らせ、お団子を刺さりやすいようにします。そしてササの枝や皮をはいで子供達がけがをしないように丁寧に仕上げます。
諌山

15:30に423本仕上がりました。目標の500本には行きませんでしたが、とても疲れたので終了。
残りの77本は 15日に、残りの作業でどんど焼きのやぐらの骨組みを作るのが残っているので・・それと一緒に
423本笹

水辺から始まる生態系ネットワーク全国フォーラム

1月11日(金) 14:00~17:00 千代田区一橋大学一橋講堂
第3回水辺から始まる生態系ネットワーク全国フォーラム
                                             主催 国土交通省、

本フォーラムは、国土交通省の主催により、生態系ネットワークの取組を通じた魅力的で活力ある地域づくりの成功事例等について、より多くの人に知ってもらうことを目的として開催されています。
当フォーラムは、全国の既にこの取組みが始まっている先進事例を当事者が発表するので大変興味深く今回で3回目の参加となります。既に、地域の生態系保全・回復を図るための生物の生息空間や施設の整備、活動などに国費1/2補助制度がスタートしています。
基調講演はテレビでおなじみの涌井史郎氏(東京都市大学)
 涌井氏は、エコロジカルネットワークとしての多摩・三浦の緑と水景に関する広域連携会議の提唱者で、日野市や八王子市なども参加しており、私も多摩丘陵の雑木林のボランティアとして、何回かこのシンポジウムに参加しています。
今回もエコロジカルネットワークの大切さ、そして、このネットワーク内の緑地は30%が公有地ですが、残りの70%の私有地をトラスト(信託)で進める方向が話し合われているそうです。
日本でもラムサール条約の湿地が登録されていますが「水田はラムサールに匹敵する要素だ(生態系)」と水田を評価してくれたことが嬉しく思いました。

現在ラムサール条約に登録されている湿地は全国で52カ所あります。
ramusa-ru.jpg

エコロジカルネットワークについて
ネット

千葉県いすみ市の事例
いすみ市の自然と共生する里づくりについていすみ市長が発表しました。
有機稲作モデル事業について
米の価格 13,000円(60㎏)→有機米20,000円で市が買い取る
2013年度22a3農家→2018年度2,000a 23農家→学校給食100%
生物多様性の保全・再生→農業振興・農村の活性化
市長いすみ

国土交通省~
国が堤外地のワンド、堤内地の田んぼと用水が重要との話に、ようやく私たちの長年の考え方に近づいてきたのは嬉しいことです。
川と田んぼ

三井住友トラストホールディングの話
森林信託
信託銀行が荒れた林業施業を行っていない森林を信託受託し、林業事業体に施業を委託する事で林業の集約化と効率化を図る森林信託はかるスキーム開発に着手しました。
信託